小学校部会報告

〜子どもが生き生きと活動する授業の改善を求めて〜

小学校 国語科

目標 (太字は、改善点)

 国語を適切に表現し正確に理解する能力を育成し、伝え合う力を高めるともとに、 思考力や想像力及び言語感覚を養い、国語に対する関心を深め国語を尊重する態度を育てる。

改善の基本方針と強調点

「表現する能力の育成」を重視すること

  1. 適切に表現する能力の育成が冒頭に位置付けられている
  2. 互いの立場や考え方を尊重して言葉で伝え合う能力を育成することに重点を置く

「伝え合う力を高める」こと

  1. 「話すこと・聞くこと」の領域が新設され、3領域と1事項に改められる
  2. 総合的で双方向なコミュニケーション能力の育成を重視する

日常生活に必要な基礎的言語能力を育成すること

  1. 自分の考えをもち、論理的に意見を述べる能力を育てる
  2. 目的や場面に応じて適切に表現する能力を育てる
  3. 目的に応じて的確に読み取る能力を育てる
  4. 読書に親しむ態度を育てる

指導方法の工夫・改善

  1. 話すこと・聞くこと・書くことの意図的・計画的指導
  2. 児童主体の学習活動の展開
  3. 説明的な文章や文学的な文章の調和的取り扱い
  4. 児童や地域の実態の考慮 (各学年の目標及び内容の2学年のまとまり)
  5. 学習負担を軽減し漢字力の定着をめざす
◎言語生活に必要な「生きる力として国語力」を育む。

  〇言語の教育としての立場を重視する。

  〇互いの立場や考えを尊重して、言葉で伝え合う能力を育成する。

  〇文学的な文章の詳細な読解に偏りがちであった指導のありかたを改める。

指導方法の工夫・改善についての参考資料

話すこと・聞くこと・書くことの意図的・計画的指導

双方向性のあるコミュニケーション能力の育成

 目的や場面に応じて、自分の考えをもち、相手にわかるように話したり相手の話の要点を聞いたりする能力の育成を重視する。 (スピーチをする、調べたことをもとに話し合う、説明する)

目的に応じて適切に書く能力の育成

 相手や目的に応じて、必要な事柄を集めたり選択したりして内容や文章を構成する能力を育成する。 (手紙を書くこと、調べてまとめること、記録すること、報告すること)

児童主体の学習活動の展開

日常性活に必要な話す力・聞く力・読む力などを実際の活動を中心として育成していく

〇〇ごっこ、〇〇作り、〇〇発表会

多様な学習方法・学習内容の保障を

「覚える学習」から「使える学習」へ

調べ学習の充実を

 教科書教材に収束する指導から脱却し、教科書教材を学ぶことを通して生まれた課題解決が主体的にできるように図書館資料やコンピュータ等を使う学習を育む。

説明的な文章や文学的な文章の調和的取り扱い

  1. 教材は、児童の心身の発達段階を考慮し、各領域にふさわしいものを調和的に取り上げ、文学的文章に偏らないようにする。
  2. 言語文化に親しみ、ものの見方や考え方を豊かにするような教材を取り上げるように配慮する。

児童や地域の実態の考慮

 2学年をまとめた目標や内容の提示のねらいを見極め、学校の創意工夫の生かされた教科経営をきめ細かく検討し、計画を立てることが今まで以上に重要になる。 (集中的に時間をかけて学習する、ゆとりをもって繰り返し反復しながら学習する)

学習負担を軽減し漢字力の定着をめざす

 学年別漢字配当について、「読み」は当該学年で指導することとし、「書き」については、次の学年が終了するまでの2学年にわたって時間をかけて指導することになる。漢字に繰り返し接しさせ、学習負担を軽減し漢字力の定着をめざすように配慮してい  く。