干潟の魚

魚にとっての干潟の顔

biringo 小櫃川河口の干潟は、様々な顔(環境)をもつとともに、そこには色々な魚が生活しています。
 河口は淡水の流入と潮の干潮により常に塩分濃度が変化します。こうした状況のもとでは、塩分濃度の変化に対して耐性の強いハゼ類や川と海を行き来するウナギやアユの稚魚が見られます。しして、小櫃川からもたらされる浮遊栄養物をエサとするボラやコノシロの幼魚の群れを見ることができます。また、塩性湿地のクリークや潮の出入りする池に推積した砂や泥の部分はビリンゴというハゼが好んで生活場所として利用し、前浜干潟のコアマモがある砂地には、ヒメハゼが、潜るなどして生活しています。
 この様に小櫃川河口干潟のもつ多様な環境は、多種多様な魚たちの生活の場を提供するものであり、魚にとってはなくてはならない所なのです。

干潟は魚のゆりかごだ

karei 春から夏にかけて、数pに満たない発育初期の稚魚がたくさんみられます。内湾で生活する魚の主なものは、なぜ稚魚の時代を干潟ですごすのでしょう。
 これは。干潟が稚魚たちにとって過ごしやすい生活環境を提供していることを意味します。つまり、遠浅の干潟は稚魚にとって、水を温め酸素とエサとなる底生動物(線虫、輪虫、アミ、ゴカイなど)を供給し、干潟時には海からの捕食者を遠ざけ外敵からの危険性を少なくするとともに、補食されない大きさに早く成長する場をもたらす保育場(ナーサリーグランド)なのです。いわゆる干潟は、稚魚たちにとって快適な生活を保障する「ゆりかご」でありハゼやカレイにとっては種族を維持するための産卵場所として非常に重要なところです。