はじめに

 子供の時、潮干狩りに行ってカニやイソギンチャクに驚いた経験をもつ人は多いかと思います。その遠浅の海岸が干潟です。その干潟の多くは失われ、この小櫃川河口干潟は今や東京湾に残された唯一の自然干潟で、前浜、後浜と揃った形は全国でも珍しいと言われています。カニの仲間、貝の仲間や鳥なども多く、また海の浄化も行っている大変貴重な自然で、21世紀の子ども達に残したい木更津市の宝物です。
 この干潟にできるだけ多くの人に触れていただきたいとの願いから、私たちは干潟まつりを始めました。その干潟まつり5周年を記念しまして、自然保護協会、プロ・ナトゥーラ・ファンドの助成を受け、干潟の自然に親しむためのガイドブックを作成しました。そのガイドブックが、このページのもとになっています。
 このページをご覧いただき、そして、このガイドブックをポケットに入れて、干潟の自然探検に出発しませんか。


最初にもどる